2010年06月21日

聖鐘の乙女 恋の歌劇と薔薇のドレス

学園祭間近。クラスの出し物でプリン作成を命じられ、歌劇のヒロイン役に抜擢されてと、大忙しなお話。

面白かったー!プリンはともかく、歌劇の配役にニヤニヤ。なんせお相手にジェッツとリキシスがいるんですから。特にリキシスはアティを前にすると……素直さが罪深いよね。うんうん。

ひょんなことから、相手の好意をちょっぴり感じながら、自分の思いには鈍いアティだったけれど、もう明確だよね。ジェッツの行動で悲しみに浸ることになったけれど、温かさを与えてくれる存在がいてくれたのは大きいな。自覚したら意識しちゃってぎくしゃくるだろうけれど、どうなるのか楽しみ。

聖鐘の乙女 恋の歌劇と薔薇のドレス (一迅社文庫アイリス)

聖鐘の乙女 恋の歌劇と薔薇のドレス (一迅社文庫アイリス)

  • 作者: 本宮 ことは
  • 出版社/メーカー: 一迅社
  • 発売日: 2010/06/19
  • メディア: 文庫

posted by deltazulu at 20:17| ☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。