2010年06月11日

エアリエル

美しいものを撮りたいとカメラを向ける少年と、政府軍を翻弄させる「赤い亡霊」のパイロットである少女の思いを描くボーイ・ミーツ・ガール。

これは素晴らしい。紅の豚のような舞台背景の中、ハンデを乗り越えて空を飛ぶことに才能を伸ばした少女と、彼女の美しさに惹かれ弱さを支えたいと思った少年の交流がとてもいい。政府の横暴から悲劇を味わうことになり、さらには恐怖から辛い思いをすることになったけれど、再びソラへと向かったシーンは、奮えるほど感動させられました。

エアリエル—緋翼は風に踊る (電撃文庫)

エアリエル—緋翼は風に踊る (電撃文庫)

  • 作者: 上野 遊
  • 出版社/メーカー: アスキーメディアワークス
  • 発売日: 2010/06/10
  • メディア: 文庫

posted by deltazulu at 20:33| ☆☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。