2010年06月03日

なんて素敵にジャパネスク(6) 後宮編

瑠璃姫が後宮に乗り込むお話。なんだかんだ、あきひめとはいいコンビだよね。むしろふたりで乗り込んじゃえばいいのに。

ともあれ、政治的なお話から、女の人が傷つきそうになったら、黙っていられず、突っ走ってしまうところはさすがです。大人しくしてればもっと好転……したかはわからないか。

ぎゃふんと言わせたつもりが、さらに相手の手をくらって、それでも立ち向かう彼女の負けん気はとてもいいですな。 ただ最後やばすぎなんですけど……瑠璃姫お助け隊がくるのかしら。

なんて素敵にジャパネスク 6 〈後宮編〉—新装版— なんて素敵にジャパネスク シリーズ(8) (コバルト文庫)

なんて素敵にジャパネスク 6 〈後宮編〉—新装版— なんて素敵にジャパネスク シリーズ(8) (コバルト文庫)

  • 作者: 氷室 冴子
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 1999/07/23
  • メディア: 文庫

posted by deltazulu at 20:12| ☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。