2010年05月31日

ブランデージの魔法の城 魔王子さまの最強の敵

やばいぐらいニヤニヤです。想い合ってるのに、愛とはなんぞやとか思ってる王子は、ついつい愛想無いこといっちゃって、それが誤解の種になり……とはいつものことですが、結婚式を間近に控えてることもあって、照れくさくも嬉しい「愛」の言葉をいろいろ考えさせられて楽しかった。

さらにドナティアン・シャルルの天敵とも言うべき、パットがやってきてから、ね。トラブルはいつものこととして、いつものようにお客様に接するドリエンヌにきついこといっちゃったりするドナティアン・シャルルの嫉妬模様は楽しかった。ドリエンヌは気づかないからまたニヤニヤです。もちろん、本当に思ってることは分かってるから、結果的にそのことを伝えることにもなったアレの効果は素晴らしかったですね。

ブランデージの魔法の城 魔王子さまの最強の敵 (コバルト文庫) (コバルト文庫 た 14-43)

ブランデージの魔法の城 魔王子さまの最強の敵 (コバルト文庫) (コバルト文庫 た 14-43)

  • 作者: 橘香 いくの
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2010/06/01
  • メディア: 文庫

posted by deltazulu at 20:21| ☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。