2010年05月30日

身代わり伯爵の花嫁修業(1) 消えた結婚契約書

ちょーーーーーーーーーーーーーーーー楽しかった!っていうか、にやにやニヤニヤしまくりでした。リヒャルトが自重しなかったり、かと思えば舅と小姑のおかげで自重させられたり。第三者がいると楽しくて、二人っきりになると甘々で。やばかったです。家の中で読むことをオススメします。

今回は大公妃になるべく勉強をすると言うことで、いろいろやってたら、太后殿下の命を受けて、宮廷内を動き回るミレーユですが、うん、やっぱり彼女は男装してるときの方が魅力的だな。でも、リヒャルトのために色気を出そうと頑張る姿がいじらしいです。それを天然でやるからリヒャルトは生殺しすぎるけど……彼は結婚までの間、耐えられるのだろうか。

オチについては予想してましたが、宮廷内にはリヒャルトを芳しく思ってない人もいるし、これからも騒動がいろいろありそうですね。楽しみです。

身代わり伯爵の花嫁修業  I 消えた結婚契約書 (角川ビーンズ文庫)

身代わり伯爵の花嫁修業 I 消えた結婚契約書 (角川ビーンズ文庫)

  • 作者: 清家 未森
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2010/06/01
  • メディア: 文庫

posted by deltazulu at 20:01| ☆☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。