2010年06月08日

丘の家のミッキー(3)

麗美さんとのお話しがとても女の子同士のきゃっきゃうふふで微笑ましい。でも、麗美さんも何やらお困りの様子があるんだけど、さて何かしら。そのうちミッキーが力になってあげられると良い。

今回、業界人っぽい人のおかげで、いろんな「初めて」のお話しが出てきてましたが、大人に判って貰えないところは、いろいろ痛かった。テレビに出れられるとかかわいいからとか、そんな言葉では許されないショックってあるよね。パパがお茶目というよりうざいです。それでもくじけない彼女が素敵です。それ以上に、お年を召した方の笑顔にやられた。

蛍狩りにうっとりしてたら、新学期に大変な出来事が待ち受けてましたが、凛々しき可愛さを見せる稲子先輩が見られて大満足。

丘の家のミッキー 3 野の百合は暗くなるまで待てないの巻 (コバルト文庫)

丘の家のミッキー 3 野の百合は暗くなるまで待てないの巻 (コバルト文庫)

  • 作者: 久美 沙織
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2001/07/27
  • メディア: 文庫

posted by deltazulu at 20:24| ☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北前船始末

あの頼りなかった男が、左近との出会いからこんなにも変わるなんて……でも、左近に対しては、一歩踏み切れない辺りは、にやりにやりですね。遣りきれない事件に巻き込まれることが多いけれど、時に自分から踏み込むのは、左近に危険が迫っているからで。想いの力は偉大だ。そりゃ勉強が手に付かなかったりするぐらいですからね!

一方の左近は憎からず思ってるだろうけれど、実際どうなのかなーと思いながら読んでましたが、あの場面であそこまで真っ青になるんだったら、ね。うん。それぞれの道のりが違うから、どうしたって一言つげるのは難しいけれど、でも、いつか……とそう思いたいです。

てっきり僕はね、大阪を離れたって話を聞いたとき、江戸で待ってるんじゃないかと思ったりしたんですが……残念。いや、まだだ。まだわからない……よね?続き出てくれないかなー。

北前船始末—緒方洪庵浪華の事件帳 (双葉文庫)

北前船始末—緒方洪庵浪華の事件帳 (双葉文庫)

  • 作者: 築山 桂
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2009/01/14
  • メディア: 文庫

posted by deltazulu at 07:15| ☆☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

星の大地 (3)

何これ酷い……

始まってしまった戦争と、科学が生み出す悲劇に、こんなはずじゃなかったのにと心痛めてたら、ああ!

最後の希望を胸にしながら、それぞれの決断に苦いものを思っていたら……人とはなんと身勝手なんだろうと思うばかり。

生きる力は強いかも知れないけれど、これから先に見えるのは、夜明け前ではなく、むしろ深い闇にしか思えない。

星の大地〈3〉 (角川文庫—スニーカー文庫)

星の大地〈3〉 (角川文庫—スニーカー文庫)

  • 作者: 冴木 忍
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 1993/11
  • メディア: 文庫

posted by deltazulu at 19:58| ☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不思議な温度で

ちょっとずれた男の子と女の子のお話。見てると楽しい。

五編収録荒れていて、どのお話しも、良い感じになりつつ、付き合うまではいかないんだけど、もう時間の問題ってところで終わるので、ニヤニヤしまくり。いいなー。

不思議な温度で (花とゆめCOMICS)

不思議な温度で (花とゆめCOMICS)

  • 作者: 辻田 りり子
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 2010/02/05
  • メディア: コミック

posted by deltazulu at 19:52| コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

WORKING!!(6)

伊波さんとかたしな君。くっつきそうでくっつかない二人ににやにやです。小さいものが好きなら、彼女だって小さいところがあるじゃ……なんでもないです。

新たに出てきた後輩とかはどうでもいいとして、番外編のみ出てくる摩耶には、ぜひとも本編に出てきて欲しい。なんか好きだ、ああいう子。

WORKING!! 6 (ヤングガンガンコミックス)

WORKING!! 6 (ヤングガンガンコミックス)

  • 作者: 高津 カリノ
  • 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
  • 発売日: 2009/03/25
  • メディア: コミック

posted by deltazulu at 19:48| コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月06日

禁書売り

蘭学を学ぶため大阪へとやってきた下級武士の緒方章と、饅頭屋の看板娘、浪華講の案内人、男装の舞楽にして、大阪の闇の守り手<在天別流>の左近が遭遇する事件簿。

男前な娘さんと、頼りない三男坊が、事件を通じて恋に発展に……するかどうかはわからにけれども、いろいろニヤニヤさせられる。左近がたまに娘らしい笑顔みせるところとか、左近のためにヘタレ返上よろしく敵陣へかけつける章とか、よござんした。

浪華の人らしいしたたかさにやられながら、人情も感じるお話しで面白かったです。あとはもうちょっと恋を……!

禁書売り—緒方洪庵浪華の事件帳 (双葉文庫)

禁書売り—緒方洪庵浪華の事件帳 (双葉文庫)

  • 作者: 築山 桂
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2008/12
  • メディア: 文庫

posted by deltazulu at 21:49| ☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

WORKING!!(5)

女装デートに至る展開が意味わかんない!面白いけど。

初登場の音尾さんの奥さん。変な人ですね。いつ戻れるんだろうか。

WORKING!! 5 (ヤングガンガンコミックス)

WORKING!! 5 (ヤングガンガンコミックス)

  • 作者: 高津 カリノ
  • 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
  • 発売日: 2008/04/25
  • メディア: コミック

posted by deltazulu at 19:35| コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

丘の家のミッキー(2)

ヨットに乗るために努力するミッキーが可愛いですが、進学のこと、そして朱海さんのことで、いろいろ考える様が思春期らしくて、懐かしい思いに浸る。こんなに前向きだったら……というのは止めておこう。

うらら家にホームステイな男の子がやってきて、彼とのデート模様はとても素敵ですが、バートはもしかして……と思うと、ドキドキする。積極性はあるからなあ。爽やかさではあっと言う的に朱海さんだと思うけれど。

これまで、ある意味、箱の中で過ごしてきたミッキーが、様々な思いを経験していますが、彼女はどういう決断をくだすのかしら。それにしても、親に対する初めての秘密がこういう形になるのは、ミッキーらしいですね。

丘の家のミッキー 2 かよわさって罪なの?の巻 (コバルト文庫)

丘の家のミッキー 2 かよわさって罪なの?の巻 (コバルト文庫)

  • 作者: 久美 沙織
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2001/06/01
  • メディア: 文庫

posted by deltazulu at 19:23| ☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なんて素敵にジャパネスク(7) 逆襲編 / (8) 炎上編

死の直前からどうなるのか、はらはらドキドキで一気読みでした。帥の宮の陰謀を把握して追い詰めていく勢いと、何か漂う不安がもう!瑠璃姫ひとりだったらとても無理だったと思うけれど、何だかんだ言いながら頼りになる仲間たちがいたから、陰謀を止められたんだろうなあ。まあ、そのおかげで、さらなる悲劇が待ち受けてましたが……帥の宮の言葉に切なくなるとは。

吉野君のことがあるから、瑠璃姫の思いは一気に傾いていくけれど、言いたいことがいろいろありながら、それを汲んで立ち回った高彬に拍手したい。ああもう素敵な旦那様じゃないですか!

終盤は怒濤の展開でしたが、ラストは仲良しで終わって良かった。はー、楽しかった。

なんて素敵にジャパネスク 〈7〉 逆襲編 (コバルト文庫)

なんて素敵にジャパネスク 〈7〉 逆襲編 (コバルト文庫)

  • 作者: 氷室 冴子
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 1999/10/10
  • メディア: 文庫

なんて素敵にジャパネスク 〈8〉 炎上編 (コバルト文庫)

なんて素敵にジャパネスク 〈8〉 炎上編 (コバルト文庫)

  • 作者: 氷室 冴子
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 1999/10/01
  • メディア: 文庫

posted by deltazulu at 13:28| ☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月04日

この時代の名を白ひげと呼ぶ「ONE PIECE 58」

衝撃の引きからの続き。正義を謳う海軍の卑劣さが見えましたが、それでも息子たちを愛し、立ち上がる白ひげに圧倒される。絶望的な展開が続いても誰一人ひかず、立ち向かう姿は、あのエースをして、あきらめの境地になっていたエースを泣かすんだから、もうやばい。

そして、時代の変化を象徴するルフィの勢いとと白ひげの覚悟は、熱くなるしかなかった。

にしてもこの引きはやばい。前巻よりさらにやばい!

ONE PIECE 58 (ジャンプコミックス)

ONE PIECE 58 (ジャンプコミックス)

  • 作者: 尾田 栄一郎
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2010/06/04
  • メディア: コミック

posted by deltazulu at 20:36| コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。