2010年06月21日

聖鐘の乙女 恋の歌劇と薔薇のドレス

学園祭間近。クラスの出し物でプリン作成を命じられ、歌劇のヒロイン役に抜擢されてと、大忙しなお話。

面白かったー!プリンはともかく、歌劇の配役にニヤニヤ。なんせお相手にジェッツとリキシスがいるんですから。特にリキシスはアティを前にすると……素直さが罪深いよね。うんうん。

ひょんなことから、相手の好意をちょっぴり感じながら、自分の思いには鈍いアティだったけれど、もう明確だよね。ジェッツの行動で悲しみに浸ることになったけれど、温かさを与えてくれる存在がいてくれたのは大きいな。自覚したら意識しちゃってぎくしゃくるだろうけれど、どうなるのか楽しみ。

聖鐘の乙女 恋の歌劇と薔薇のドレス (一迅社文庫アイリス)

聖鐘の乙女 恋の歌劇と薔薇のドレス (一迅社文庫アイリス)

  • 作者: 本宮 ことは
  • 出版社/メーカー: 一迅社
  • 発売日: 2010/06/19
  • メディア: 文庫

posted by deltazulu at 20:17| ☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中の下! ランク2.中の中を目指すオレたち

面白くなってきた。

ダメ男が成長していく姿と、不格好ながらも頑張る彼の姿に、グループの人たちが心動かされていく展開が良いです。才色兼備な人たちであっても、コンプレックスは抱えていて。それに気づきながらも、フォローする気遣いを見せるようになった成道が良い感じだった。いろんなところで友情が見えて、ちょっぴり恋が進んでて。これは続きが楽しみ。

中の下! ランク2.中の中を目指すオレたち (富士見ファンタジア文庫)

中の下! ランク2.中の中を目指すオレたち (富士見ファンタジア文庫)

  • 作者: 長岡 マキ子
  • 出版社/メーカー: 富士見書房
  • 発売日: 2010/06/19
  • メディア: 文庫

posted by deltazulu at 10:07| ☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月20日

生徒会の八方 碧陽学園生徒会議事録8

デレた深夏がすっごい可愛い。あと、最後の幼児退行のお話しがいろいろ残念でちょっぴり温かくて好きだ。

生徒会の八方  碧陽学園生徒会議事録8 (富士見ファンタジア文庫)

生徒会の八方 碧陽学園生徒会議事録8 (富士見ファンタジア文庫)

  • 作者: 葵 せきな
  • 出版社/メーカー: 富士見書房
  • 発売日: 2010/06/19
  • メディア: 文庫

posted by deltazulu at 09:45| ☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月19日

コップクラフト2

ふたりがちょっとずつバディになっていく感じにニヤリ。でも、ティラナが幼くなったおかげで恋愛感情に発展するのか微妙に思える。

コップクラフト2 (ガガガ文庫)

コップクラフト2 (ガガガ文庫)

  • 作者: 賀東 招二
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2010/06/18
  • メディア: 文庫

posted by deltazulu at 09:43| ☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月18日

丘の家のミッキー(5)

文化祭でのハプニングから生まれた恋が切ないなあ。っていうか、朱海さんがとても不憫……。鈍い子を好きになると大変だ。

まあでも自覚していないだけで、揺れたり嫉妬したりしてるので、いつかは……と思ってたけど、恋の行方よりも友情の行方のほうが気になってきました。鈍い上に間違った方向に考えを巡らす未来にツッコミ満載でしたが、売り言葉に買い言葉が……どうなっちゃうのかしら。

丘の家のミッキー 5 永遠の麗美さまの巻 (コバルト文庫)

丘の家のミッキー 5 永遠の麗美さまの巻 (コバルト文庫)

  • 作者: 久美 沙織
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2001/09/28
  • メディア: 文庫

posted by deltazulu at 20:41| ☆☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いっしょにねようよ(3)

古白がとても子どものようで大人のようで。でも必死な姿には、どうしたってほだされてしまう。努というシモネタ魔人が現れて、嫉妬する羽目になってたけれど、楽しいという思いが見えて良かった。いやだからといって、あんなに権力を行使するのはどうかと思うけどね……

いっしょにねようよ 3 (花とゆめCOMICS)

いっしょにねようよ 3 (花とゆめCOMICS)

  • 作者: 高尾 滋
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 2010/06/18
  • メディア: コミック

posted by deltazulu at 20:31| コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スキップ・ビート!(25)

いきなり何てコトするんだと思ったけれど、不破のふらちな振る舞いを、さくっと流してあげる敦賀さん素敵。いや、腸煮えくりかえってると思うけどね。あんなことしちゃうぐらいだし。

独占欲と独占欲が、キョーコの心をぐらぐらにさせてるけど、とりあえずだ。演技いこうぜ演技。飛鷹くんとカナエのカップルがすっごいいい感じなんで負けるな。

スキップ・ビート! 25 (花とゆめCOMICS)

スキップ・ビート! 25 (花とゆめCOMICS)

  • 作者: 仲村 佳樹
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 2010/06/18
  • メディア: コミック

posted by deltazulu at 20:17| コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

とらわれごっこ(5)

美園くんの想いが意外な形で皆に知られちゃって楽しいことに。大熊さんの思いは揺れないんだけど、三人の関係がぎくしゃくして、さてどうなるかと思ったら、さっすが小熊くん。がんばるなー。

着物雑誌のおかげで、ちょっぴり離れることになり、いろんな想いを抱えた大熊さんでしたが、最後にはべったりで可愛いじゃないですか。

とらわれごっこ 5 (花とゆめCOMICS)

とらわれごっこ 5 (花とゆめCOMICS)

  • 作者: サカモト ミク
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 2010/06/18
  • メディア: コミック

posted by deltazulu at 20:17| コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月17日

ささみさん@がんばらない(2)

ササミサン・ウォッチ・プロジェクトとか、なんとグダグダなと思ってたら、意外や意外にシリアス話が展開されてびっくり。

初めての友達話のすれ違いから、またまた引きこもりそうになったけれど、がんばったよね、ささみさん。力があるからこその不安が距離を作ることもあったけれど、ちゃんと向き合ったときには、ね。

お母さん話は、いろいろ重かった。特に最後が切ない。

ささみさん@がんばらない 2 (ガガガ文庫)

ささみさん@がんばらない 2 (ガガガ文庫)

  • 作者: 日日日
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2010/04/20
  • メディア: 文庫

posted by deltazulu at 21:05| ☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海皇紀(44)

修羅の刻を思わせるほどの戦い。森守と互角に戦うトゥバンサノオはともかくとして、ヴェダイが頑張ってた。思いは人の心を支えてくれるなあ。それにしても、ファンより一歩上にいるっぽいクラッサライは、どこまで強いのか。逆転の目があるのか気になるところ。

海皇紀(44) (講談社コミックス 月刊少年マガジン)

海皇紀(44) (講談社コミックス 月刊少年マガジン)

  • 作者: 川原 正敏
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2010/06/17
  • メディア: コミック

posted by deltazulu at 20:57| コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。