2010年05月24日

恋のドレスと聖夜の求婚

何この胸が痛くなるお話……どちらの気持ちも分かるから、遣りきれない。シャーリーのショックの受け方はいろいろきたけど、むしろ周囲の人の慌てっぷりが印象的でした。パメラとかアントニーとか。

でも、今回のお話しでやられたと思ったのは、恋のドレスと闇のドレスです。まさか、闇のドレスがあんなところで使われて、恋のドレスをああいう形で用いるなんて……ちょードキドキでした。ダメだ!と叫びそうになったけれど、さすが恋する乙女は、ドレス程度じゃ揺るがないですね。

コーネリアとビアードも良い感じでしたが、だんだんクリスが何を考えてるのか分からなくなってきたな。

恋のドレスと聖夜の求婚 ヴィクトリアン・ローズ・テーラー (コバルト文庫)

恋のドレスと聖夜の求婚 ヴィクトリアン・ローズ・テーラー (コバルト文庫)

  • 作者: 青木 祐子
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2010/03/02
  • メディア: 文庫

posted by deltazulu at 20:36| ☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石霊と氷姫(上)

これはワクワクさせてくれるお話しだなあ。騙りの女の子・アルと石霊使いの男の子・テオ、奴隷上がりの巡察使・リーサイオンと殿方に心許さない姫・プリディオーネが、別々の目的で動いているのに、どこか繋がっているので、もしかしてこうなるんじゃ……といろいろ想像させてくれる面白さがあります。一番可愛いのは、たくましく生き延びてるアルです。危なっかしいんだけど頑張れって応援したくなる娘さんです。陰謀やらに巻き込まれてますけど、幼馴染みのリーサイオンと無事会えるといいなと思いいな。下巻が楽しみ

石霊(せきれい)と氷姫〈上〉 (幻狼ファンタジアノベルス)

石霊(せきれい)と氷姫〈上〉 (幻狼ファンタジアノベルス)

  • 作者: 西魚 リツコ
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎コミックス
  • 発売日: 2010/02
  • メディア: 単行本

posted by deltazulu at 20:26| ☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。