2010年05月14日

時の竜と水の指環(前編)

兄の影を背負った薬師アイリが、魔術士に願ったのは、女になる方法だった……というお話。

これはいい乙女心。強引だけど、真面目で正義感に溢れ、何より優しい騎士の傍にいるうちに……というのがいいです。嫌みすら真っ直ぐに受け止めてしまう素直な心が、周囲の人たちの心を和らげていく展開と相まって、二人の仲を願わずにいられない。魔術士の条件は、何とも切ないことになりそうだけど、乗り越えて欲しいな。後編が楽しみです。

時の竜と水の指環(前編) (コバルト文庫)

時の竜と水の指環(前編) (コバルト文庫)

  • 作者: 樹川 さとみ
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 1994/12/02
  • メディア: 文庫

posted by deltazulu at 20:41| ☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。