2010年05月04日

神去なあなあ日常

都会から山奥へ。高卒男が林業を従事する村に放り込まれるお話し。面白かったー。
はじめは脱走を考えるぐらいイヤイヤだったのに、山の魅力に惹かれていき、そこにいる人々に惹かれていき。なあなあというやり取りは、のんびりしたようにも思うけど、温かいものを感じるなあ。でも一番印象に残るのは、山の魅力です。自然の怖さと美しさもさることながら、神様との繋がりをいろんなところに感じて、ぞくぞくする。そりゃこんなところで過ごしてたら、山を愛しちゃうよ!
男衆の化け物っぷりにニヤリとしつつ、見習いさん頑張れと応援したくなるお話しでした。よかった。

神去なあなあ日常

神去なあなあ日常

  • 作者: 三浦 しをん
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2009/05
  • メディア: 単行本

posted by deltazulu at 19:47| ☆☆☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

目隠しの国

触れることで人の未来がみえる・過去がみえる、そんな男女の恋を描いたお話しです。これはキュンとなる。不幸な未来を知ってそれを告げれば、人は信じない上にうさんくさく思う。避けられることもあるけれど、それでも自分の出来ることをと、傷つきながら前を向く少女と、そんな少女のおかげで前を向くことが出来るようになった男の子がいいです。一方的に助けられるのではなくふたりで支え合ってる様が見えて、彼や彼女に惚れる人も出てくるけれど、無理に奪うことが出来ないには、たぶん、二人が一緒にいる姿を見ているのが好きだからなんじゃないかな。
人に触れることに臆病になってた二人だから、どこか弱いところもあるんだけど、すれ違いそうになると、ちょっかいを出しては、ふたりの距離を縮める恋する男の子・並木さんが大好きです。会長と良い感じになりそうでならないのがもどかしい!

目隠しの国 (1) (花とゆめCOMICS)

目隠しの国 (1) (花とゆめCOMICS)

  • 作者: 筑波 さくら
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 2000/02
  • メディア: コミック

目隠しの国をAmazonで。
posted by deltazulu at 19:45| コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不思議の扉 時をかける恋

時を超えた恋物語のアンソロジー。乙一、恩田陸、ジャックフィニイ、貴子潤一郎、太宰治の短編が収録されています。
ああ、もう、時を超える恋というのは、なんと切ないんだろう。でも、そこには、ふたりだけに通じる思いがあって、きゅんとなる。恩田陸を読んでしまったら、ライオンハートを再読せざるを得ない。太宰治初めてだったけど、「浦島さん」は面白かった。他も読みたいな。


不思議の扉  時をかける恋 (角川文庫)

不思議の扉 時をかける恋 (角川文庫)

  • 作者: 大森 望
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2010/02/25
  • メディア: 文庫



posted by deltazulu at 12:04| ☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「土属性はダテじゃない!」第2巻のサイン会

 

5月20日の『土属性はダテじゃない!』第2巻発売を記念して、K-BOOKS秋葉原新館にて 葉原 鉄先生、八坂ミナト先生のサイン会を開催いたします!

開催日時:5月23日(日)14:00〜
会場:K-BOOKS秋葉原店
101-0021 東京都千代田区外神田1-15-16 秋葉原ラジオ会館3F

参加方法:5/20からK-BOOKS秋葉原新館にて土属性2を購入した方へ
サイン会整理券をお渡しいたします。(事前予約・取り置き不可)

[From 土属性はダテじゃない! | 一迅社文庫 | 一迅社WEB]

これは行ってみたいかも。でも整理券は平日か……。

仕事帰りに寄って、あったら儲けもんってぐらいかな。

posted by deltazulu at 09:58| メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

桜庭一樹『道徳という名の少年』刊行記念トークイベント

『道徳という名の少年』刊行記念トークイベント

 ゲスト:道尾秀介さん
 日時: 5月14日(金)19:00〜
 場所: 池袋ジュンク堂(03-5956-6111)
 料金: 1000円(ドリンク付き)
 備考: 20:00から新刊のサイン会があります。サイン会のみの参加もできます。
      対象書籍は『道徳という名の少年』です。会場でご購入ください。

[From 桜庭一樹オフィシャルサイト Scheherzade - Diary]

週報さんによると「トークセッションの受付は既に終了」らしいですが、「20時からのサイン会は人数制限なしで、予めの受付もなく当日直接会場に行けば参加可能」らしいので、金曜日だし、仕事帰りに寄ってみようかな。

道徳という名の少年

道徳という名の少年

  • 作者: 桜庭 一樹
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2010/05/11
  • メディア: 単行本

posted by deltazulu at 09:54| メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恋泉 特装版

この人の絵は、本当に美しい。ちょっとお値段張るけど、よいものでした。
恋泉 特装版 (B's-LOG COMICS) (B’s LOG Comics)

恋泉 特装版 (B's-LOG COMICS) (B’s LOG Comics)

  • 作者: 皇 なつき
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2010/05/01
  • メディア: コミック

posted by deltazulu at 00:11| コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花迷宮

孤児の娘と助けた衛士の恋物語。娘のように慈しみ、父のように懐く。幼いころは、それでよかったふたりが、成長していくにしたがって、思いを自覚しつつも告げられない切なさ……なんだけど、伝わってくるのは、愛する思いの温かさで。離ればなれになったふたりであっても、きっと……と思ったとおりになりましたが、その甘い、ハッピーエンドが最高。
花迷宮 (幻狼FANTASIA NOVELS M 2-2)

花迷宮 (幻狼FANTASIA NOVELS M 2-2)

  • 作者: 本宮 ことは
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2010/04
  • メディア: 単行本

posted by deltazulu at 00:01| ☆☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。