2010年05月01日

2010年本屋大賞第二位「神様のカルテ」

地方の病院に勤務する五年目の内科医話。寝る時間すらないような激務だけど、看護師や同僚や、同じアパートの人、最愛の妻、そして患者さんに支えられて、今日も乗り越えていく。良かった。いろんなエピソードに微笑んで、泣かされて、温かくなりました。酔った天狗のエピソードが一番好き。こんなふうに歳を重ねられたら、こんなふうに最後を迎えられたら、幸せなんじゃないかな。最後に送られた手紙に涙が止まらず、奥さんの笑顔にすっきりさせられました。
神様のカルテ

神様のカルテ

  • 作者: 夏川 草介
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2009/08/27
  • メディア: 単行本

posted by deltazulu at 20:21| ☆☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レッド・アドミラル 羅針盤は運命を示す

男装の麗人・ロディアが破天荒な艦長ランセの船に乗ることになる海軍話。近衛騎士時代は、女だてらと蔑まされてた彼女が、同じような視線を受けつつも、日々成長していく姿に、皆が惹かれていく様がいい。頭カタイ人かと思ったら、ランセに振り回されていくうちに、柔軟なところも見せたりして、素敵な人になってた。海の話のみならず、旧神を絡めて「ミラよ!」となりつつ、二人の繋がりを描く展開が素晴らしかったです。これはぜひとも続編を読みたい。
レッド・アドミラル  羅針盤は運命を示す (角川ビーンズ文庫)

レッド・アドミラル 羅針盤は運命を示す (角川ビーンズ文庫)

  • 作者: 栗原 ちひろ
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2010/05/01
  • メディア: 文庫

posted by deltazulu at 16:35| ☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

空色パンデミック(2)

おおやっぱりそうだったのかという、世界の改変が進行してるお話。絶対的に不利な状況と、恋がねじれていく様子と。まったく面白い。友人たちも格好いいし、いやー、面白い。青井は本当に演技なのかなと思いつつ、恋人たちの思いが生み出す最後の戦いが照れくさくも格好よかったです。
空色パンデミック2 (ファミ通文庫) (ファミ通文庫 ほ 3-1-2)

空色パンデミック2 (ファミ通文庫) (ファミ通文庫 ほ 3-1-2)

  • 作者: 本田 誠
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2010/04/30
  • メディア: 文庫

posted by deltazulu at 16:12| ☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「船に乗れ!〈1〉合奏と協奏」

すっごい面白かった!音楽一家育ちで、チェロを初めたちょっと鼻につく男の子が、成長していくお話。挫折もあるけれど、恋をして、良い先生に出会って、オーケストラの難しさと感動を味わって。演ってるときの怒鳴りあいっぷりも楽しくなるし、我に返った後の恋のもだもだも最高でした。この恋がどうなっていくのか、続きが楽しみ。


船に乗れ!〈1〉合奏と協奏

船に乗れ!〈1〉合奏と協奏

  • 作者: 藤谷 治
  • 出版社/メーカー: ジャイブ
  • 発売日: 2008/10/01
  • メディア: 単行本


posted by deltazulu at 12:03| ☆☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。